引越し便利帳

「いい物件を契約できたし、さっそく引越しだ!」

でも、引越するときにはいろいろやることがたくさんあります。
ついつい忘れてしまいがちなことや、引越しするときに知っておくと便利なことなどリストアップしました。
余裕を持ってお引越しできるよう参考にどうぞ。

引越し作業のチェックリスト
いろいろやることはたくさんあります。
結構手続きに時間がかかるものもありますから、余裕を持って準備しましょう。

期限 手続きする
事柄
手続きする
場所
注意することやポイント



引越し業者への依頼 複数の業者 見積もりをとって業者を決定し連絡をとる
粗大ごみの処分 自治体 リサイクルに出すか、自治体に連絡して処分する。
自治体へ連絡して処分するときはなるべく早めに。
引越しシーズン(3〜4月)は予約がすぐ埋まってしまって受け付けてもらえなくなることがあります。
電話の移転 局番なし
116番
電話番号が変更になった場合新しい番号案内のサービス
転校届 学校 担任の先生に転入学に必要な在学証明書と教材用図書給与証明書をもらう






転出届 市区町村役場 ほかの市区町村へ引越しの場合、届出人の印鑑が必要(代理人でも可)
転出証明書をもらう
国民健康保険の資格喪失届け 転出届と同時に旧保険書の返却
早めに出しても転出日まで資格あり
印鑑証明書廃止届 カード持参
原付(125cc)の定置場の変更 転出の場合
 標識交付証明書、標識番号と印鑑
転居の場合
 標識交付証明書と住所を証明するもの
犬の住所変更 市区町村役場または保険所 鑑札、狂犬病予防注射済のメタルと印鑑
水道の使用中止届 市区町村役場または水道局 検針表の連絡先にTel
電気の精算 各電力会社 検針表の連絡先にTel
ガスの精算 ガス会社 検針表の連絡先にTel
供給停止に立会い必要
郵便局への転居届け 郵便局 転居届けのはがき(郵便局にある)
1年間新住所に転送してくれます。
銀行、カード会社保険会社の住所変更 各本支店 印鑑、通帳orそれぞれの指示で届け出る
新聞、NHK クリーニング 各営業所 各精算や洗濯物の出し忘れをチェック
ダンボール等の入手 引越し業者 荷造りは早めにする
冷蔵庫の整理
電源を切るので、中身の整理
霜取りは3日前から

・当日まで使った寝具、食器類、洗面用具などの片付け
・積み残しなどがないか、住まいの内外の点検、清掃
・ご近所へのあいさつ



転入届 市区町村役場 転出証明書と印鑑
新住所を定めた日から14日以内に提出
自治体によっては14日を過ぎると余分に手数料が発生することがあります。
(同一市区町村内は転居届け)
国民健康保険の加入
国民年金の加入と住所変更
年金手帳が必要
印鑑登録 実印と本人であると確認できるものが必要
原付自転車の登録 住民票、印鑑
転入学 就学通知書を発行してもらう
運転免許証の住所変更 警察署 免許証のほか住民票と印鑑を持参
自動車の登録変更 陸運事務所 車庫証明、車検証、住民票、実印と車
犬の再登録 保健所 鑑札、狂犬病予防注射済票のメダルと印鑑

荷造りのコツ
早い時期から少しづつ準備することが必要ですが、以下に荷造りのポイントを列記します。
  1. 不要な家具・衣類・用品などを処分する。
  2. 普段あまり使わないものやその季節外のものから荷造りする。
  3. 本など重いものはできる限り小さい箱に入れる。
  4. 荷造りしたときに部屋割りを書いておく。
  5. 引越し先ですぐ使うものは一目でわかるような目印をつける。
    工具類、ゴミ袋は当日使うので、出せるようにしておく。
  6. 貴重品などはひとまとめにして、手に持っていくようにする。
    また、引越し先の鍵はすぐに出せるようにしておく。

新居の準備
  • 新しい家具や電気製品の購入の納品日の指定
  • 既製品にないサイズのカーペットなどのオーダー
    とくにカーテンの手配は重要です。(外から丸見えの場合がある)
  • 引越し時に出る大きなごみの処理についての対策
  • ご近所へのご挨拶、その準備
    ご近所へのご挨拶の時に手土産を持っていく場合は、500円ぐらいまでの日用品(洗剤など)を送るのが一般的です。
    遠方から引っ越してくるときは、前に住んでいた地方のお菓子などを贈る場合も多いようです。

    のし紙の例
    <<のし紙を書くときの例>>

    引越しの際の手土産につけるのし紙は「ご挨拶」と書きます。
    名前はできればフルネームで。